エンジェル税制について

エンジェル税制とは

エンジェル税制とは、一定の条件を満たす非上場のベンチャー企業に投資した個人投資家に対し、税制 上の優遇措置を行う制度です。

個人投資家は、下記の2つのタイミングで優遇措置を受けることができます。

  1. タイミング1
    株式取得時点
  2. タイミング2
    株式売却時点

優遇措置の内容

タイミング1

株式取得時点で受けられる
所得税の優遇措置

非上場のベンチャー企業へ投資した年に受けられる所得税の優遇措置には、「優遇措置A」と「優遇措置B」があります。

優遇措置A
優遇措置B
対象企業
設立5年未満の企業
設立10年未満の企業
控除対象
投資した年の総所得金額

投資した年の株式譲渡益 ※2

控除金額

投資金額 - 2,000円 ※1

投資金額全額 ※3

  • ※1 控除対象となる投資額の上限は、総所得金額の40%と1,000万円のいずれか低い方です。
    (令和3年1月1日以後、控除対象限度額は800万円となる予定です)
  • ※2 申告分離課税のうち所得税の15%が優遇措置の対象(住民税の5%は対象外)
  • ※3 控除対象となる投資額の上限はありません

なお、エンジェル税制「優遇措置A」の要件を満たすベンチャー企業に投資した場合は、確定申告時に「優遇措置B」 を選択することが可能です。

タイミング2

株式売却時点で受けられる
所得税・住民税の優遇措置

対象企業の株式を売却して損失が生じた場合に、
所得税および住民税の優遇措置を受けることができます。

対象企業の株式の売却等により生じた損失を、その年の他の株式譲渡益と通算(相殺)できるだけでなく、その年に通算(相殺)しきれなかった損失については、翌年以降3年にわたって、順次株式譲渡益と通算(相殺)することができます。

申請手続きの流れ

確定申告に必要な書類の作成についてはイークラウドにて対応いたしますので、初めての方でも安心してご利用いただけます。

  1. 01
    株式投資契約書を郵送

    マイページからダウンロードした株式投資契約書に押印のうえ、郵送いただきます

    各企業ごとにエンジェル税制優遇措置受付期間を設定し、メールやマイページにてお知らせいたします。

    期限日までに、マイページより「株式投資契約書」をダウンロードし、捺印のうえ、うち1枚をイークラウド宛にご送付ください。エンジェル税制申請の受付は、投資契約書の送付(到着)をもって代えさせていただきます。

    もう1枚の株式投資契約書はお手元に保管していただき、税務申告の際に必要となります。

  2. 02
    確定申告に必要な書類を受取

    翌年1月頃に、イークラウドから確定申告に必要な書類を郵送いたします

    株主となった年の翌年1月頃、イークラウドから申請受付済みの投資家の方へ確定申告に必要な以下の書類を郵送いたします。

    • 少額電子募集取扱業者が投資家に交付する確認書
    • 一定の株主に該当しないことを確認した書類
    • 株式異動明細書

  3. 03
    確定申告の実施

    確定申告書を作成して、管轄の税務署にて確定申告を行ってください

    確定申告書上で、エンジェル税制の優遇措置を受けることを申請する旨を記載し、イークラウドから送付した3種類の書類および投資契約書の写しを添付のうえ、管轄の税務署へ確定申告を行ってください。

    税務相談等のお問い合わせは、税理士法上の制限がございますのでお受けすることができません。税理士または最寄りの税務署にお問い合わせください。

エンジェル税制の申請の詳細に関しては中小企業庁ホームページにてご確認ください

エンジェル税制認定事業者 イークラウド

経済産業大臣の認定を受けた株式投資型クラウドファンディング事業者は、都道府県に代わって発行企業がエンジェル税制の対象企業であることを確認することができます。

イークラウドは2020年8月、XTechグループが蓄積してきたベンチャー企業の発掘・支援ノウハウや、大和証券グループが培ってきた金融ビジネスのノウハウ等が認められ、「エンジェル税制の認定事業者」として認定されました。

「エンジェル税制の認定事業者」となるためには3つの要件があります。

  • 民間のプロとして
    ベンチャー企業の目利きができる

  • 株式投資型クラウドファンディング
    の取扱業者である

  • 専門的知識や経験を活用し、
    ベンチャー企業の成長を支援できる